カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(4)

(前回からの続き)久しぶりの海を大満喫し、三浦海岸駅へと戻った。駅前の露天では、名物「とろマン」(おいしかった)とか、卵焼きを楽しみ、お土産にはいちごx2パックを購入して、いよいよ岐路についた。

帰りの電車は、指定席をとっているので安心安心。

今回始めてウイニングシートなる、京急の座席指定サービスを使ってみたが、これはいい。

ウイングシートは土日休を対象とした京急独自のサービスだ。一方で、平日のみを対象としたモーニング・ウイング号やイブニング・ウイング号といったサービスもある。

ウイングシートは、子連れでゆったりと旅行を楽しみたい派には超おすすめ。チケット当たり300円というのもお手軽でいい。サービスの利用は窓口でも、Webサイトに登録する必要はあるが、事前予約もできる。

乗車の際には、予約時に配信されるQRコードを車掌さんに読んでもらえばOK。超簡単。うちは4人家族なので、Boxシートを予約して、楽勝で帰ることができた。

ただ、快適すぎたのか、娘たちは爆睡。。。結局、下の娘は最後まで起きず、抱っこして家まで帰ることになった。。。うーん。腰が痛い。。昔は2人同時にだっこしてたことを考えると、随分大きくなったわ。。

腰は痛くなったけど、こういうことができるのも、娘が小さいうちだけなんだと思う。

あと5年たったら、抱っこしてあげると言っても、「イヤ」「きもい」なんて言われてしまうんだろうな。。。むしろこっちが介護で抱っこして、か。

あかんあかん、今を思いっきり楽しもう!すーさん。

 

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(3)

(前回の続き)三笠公園をほどほどに、下の娘も完全復活したので、今度こそは三浦海岸へ。横須賀中央駅にもどって京急線に乗車、20分ほどでとうとう三浦海岸駅へ到着した。

駅の改札をでると、そこには念願の河津桜が。。おーすごいっ。

ちょっと葉桜になっているけど、それでもきれいきれい。露天もいっぱいでていて、多くの人がお酒や食事を楽しんでいる。いいねー、これぞ花見の季節。

もっともっと桜を楽しむために、記念写真もそこそこに、お花見会場のある小松ヶ池公園へ。

公園までの1キロの道のりは、人でごった返していたけど、歩道脇にずっと続く桜並木と、傍らに咲いているたくさんの菜の花を十分に堪能できた。ほんと来てよかった。

さて、桜の次は、子どもたちのお楽しみの海岸へ。

駅名に”海岸”がついているだけに、三浦海岸駅から海は目と鼻の先の距離。駅から10分ほど歩いくとそこは素晴らしい海岸がまっていた。

おーい、まだ冷たいよー、気をつけろよー、なんて、娘たちは気にするわけもなく、一目散に海へ走っていくと、キャーキャーと、久しぶりの海を楽しんでいた。

それにしても、三浦海岸はいいところだ。砂浜はすこぶるきれいだし、海もきれい、遠くには房総半島も望める眺望もばっちり。東京からのアクセスは少し微妙なところがあるが、そこがまたなんともいい。

上さん的には、いつか海の見えるところに家を買って、都会との二重生活を楽しむのだそうだ。確かにそういう生活もわるくない。

 

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(2)

(前回からの続き)三崎口行きの電車内で、顔色が青くなった娘を抱きかかえて、横須賀中央駅に到着と同時に下車。

よかったよかった、間に合って。経験上、うちの娘(特に下の子)が気持ち悪くなったときは、できるだけ速やかに撤収するのがベスト。

今回は、もうちょっとで三浦海岸、あと10分我慢すれば、というところまできてたけど、深追いしていると、おそらく大変なことになっていたはず。。。というより、がんばった娘、えらいぞ!!

横須賀中央駅の改札をでると、そこには大きな地図が。どうやら歩いて15分くらいで海にいけるし、まー予定変更で横須賀で遊んでいくのもありかもー、ということでちょっと散策。

下の娘もだんだん元気になってきたので、いい感じの丼ぶり屋さんでおいしいマグロランチをいただき、せっかくなので近くの三笠公園へ。

この三笠公園。日露戦争で活躍し、世界三大記念艦の一つとされている貴重な「三笠」が保存されている。なかなか横須賀にも来れないから、艦の中にでも入って。。。。。という間もなく、娘たちは遊具へ超ダッシュ。

やっぱりまだ、5歳と7歳。戦艦より、滑り台と雲梯だわ。夢中になって遊んでる娘を眺めながら上さんと、まだ子供だねーなんて言ってるのも悪くない。

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(1)

2月25日(月)晴れ

昨夜のテレビニュースで河津桜が満開を迎えたとの話があったため、今日は家族4人で三浦海岸へ河津桜を見に行くことに。個人的に、密かに楽しみにしていたのでかなりうれしい。

河津桜は、ソメイヨシノよりも開花が早く、例年2月中旬から3月上旬にかけてが見頃となる。去年はスケジュールが合わず断念したこともあり、今年は行けてよかった。上さんも娘二人も、なんやかやと日々忙しそうだ。

出かける前に、まずはアクセスを調査。自宅の半蔵門から京急の三浦海岸まで、いかにスムーズに行くことができるのか、いろいろ調べてみた。

結論としては、半蔵門駅から、九段下で東西線に乗り換え、それから日本橋で2回目の乗り換えをして行くことに決定。他にもいろいろと経路はあるけど、これがどうやら最短のようだ。浅草線と京急は相互乗り入れなので乗り換えはなし。

帰りは混雑が予想されるので、念の為座席指定をしておき、いざ出発!

自宅を10時にでて、乗り換えもスムーズ、娘たちも車内でおとなしく私の携帯でゲームをやったり、本を読んだりして過ごしている。いいぞ、娘たち!

と、ここまではよかったが、横浜を過ぎたあたりから、下の娘の様子が変。
あれあれ、どうした、どうした5歳さん。乗る前は超元気だったのに。。。

大丈夫?水いる?の声に、「。。。大丈夫。。。」と弱々しい声。

これはあかーん、と上さんと相談して、横須賀中央駅で飛び降りることに。(続く)