カテゴリー
ビジネス

ヒューニングとは

3月15日(日)晴れ

本日は「ビジネスコーチ」セミナーの最終日。10日間のプログラムが終了し、いよいよ、プロのビジネスコーチとしてのキャリアをスタートさせるのだ。

だだ、私の場合はまず、自分のビジネスで成功することが求められているので、コーチングを他人に行うのはもう少し先になる。もちろん、自分自身に対してはいくらでもやるつもりだ。

ここで、今回受講した「ビジネスコーチ」セミナーのプログラムの肝である、「ヒューニング」についてまとめてみたい。

ヒューニングとは、催眠療法、マインドフルネス、NLPなど、人に行動変容をもたらすメソッドの総称であり、ヒューマン(人)とチューニング(調律する)という言葉を掛け合わせた造語で、「本人が望む状態」に「調律」させるという意味をもつ。

多くの人が知っている「コーチング」の目的は、クライアントとセッション(会話)をしながら、夢や目標を明確にし、その実現のためには「どのような行動をとれば良いか」などという気づきを与えることであり、クライアントが能動的に行動できるようにサポートする。

しかし、実際のところは、気づきを得ただけでは、その後の行動にまでは変化を及ぼさないケースがほとんどなので、コーチングは受けたけど効果はなかった、役に立たなかった、と認識されている方も多い。実は私も同じように思っていた時期がある。

一方、ヒューニングの主な目的は、「行動変容」。つまり、クライアントの「行動を変化させることがメイン」になる。だから、ヒューニングのアプローチは、潜在意識の中にある「行動を決定づけているプログラム」そのものを消去したり、望ましいのものに上書きしたり、新しい行動をインストールしたりするのだ。

違いを整理すると、
・コーチングでは「気づきを与えることがメイン」で、
・ヒューニングでは「行動を変化させることがメイン」
となり、セッションにおけるメインの目的が違ってくる。

コーチング・セッションで、夢や目標、その実現のためにとるべき行動に気づいたら、ヒューニング・セッションで、望ましい行動がとれるような状態にクライアントを変化させる。この2段階ステップを取ることで、行動変容の確実性&継続性が飛躍的に向上するのだ。

そして、ヒューニングは、行動変容に伴う「強いストレスが発生しない」、そして「効果に即効性がある」という優れた特長があるので、クライアントの満足度も大きなものとなる。

 

 

カテゴリー
教育

こどものお弁当

3月9日(月)晴れ

こどものお弁当を、初めて作ってみた。

小さなお弁当箱だからといって、おかずが少なかったり、苦手なものばかりだと可愛そうなので、なにかと結構気を使う。

栄養バランスを考えるのはもっとレベルが上ってからとして、まずは、パパの作ったお弁当でも、娘がランチの時間が苦にならないような見た目、内容レベルのものしたい。

それにしても、やってみてはじめてわかるとはこのことだ。

いつも妻がちゃちゃっとやっているので、お弁当作りが大変という認識すらなかった。そもそもスキルレベルが全く違うので、比較すること自体おかしいかも知れないが(つまり、妻にとっては負担ではないかも知れないが)、とにかく感謝感謝!

昨日は、四谷にできたKomoreの地下1階Lifeへ、お弁当の具材の買い出しにいってきた。KomoreとLifeについては興味深いので、別途記事を書くが、距離的にいい運動になるので、今日もトコトコ歩いていって、いろいろ見てこよう。ここで一句。

お弁当
はじめてわかる
大変さ

ママの偉大さ
コロナの功名

すーさん心の俳句

 

 

カテゴリー
教育

子供教材

3月7日(日)曇り

下の娘が「くもん」をやめたいという。

理由を聞くと「わかっていることを繰り返すのが嫌すぎる」らしい。

くもんとは本来そういうものだが、幼い子供たちは同じことを何度もやるのが本質的に苦手だ。

上の娘はそういうものだと受けれ入れて、淡々とこなしているが、下の子の性格を考えると、確かにちょっと性格とやり方が合わなくなってきているのかも知れない。

妻との相談で、くもんはひとまず休会して、家でやらせようということになったため、娘と二人で神保町の三省堂へ。

街は新型コロナな影響で、人手はどこも極めて少ない。だが、三省堂の児童書売り場はその逆で、休校中に子供たちに与える教材や書籍を買い求める親子でかなり賑わっていた。

教材選びの基本は、私が適当なものを見繕い⇒娘に少しさせて⇒もっとやりたい、と娘が言ったら購入、という流れだ。

その結果、2冊の教材を購入。

1冊目は「マンガでわかる!10才までに遊んできたえる 算数脳めいろ260」、2冊目は「おすしドリル 6歳」。

「算数脳めいろ」は、私が尊敬している花まる学習会代表の高濱先生監修のもので、4問セットの繰り返し問題で算数力がアップするように作られている。マンガベース、イラストも楽しいものばかりなので、娘もガブッと食いついてきた。いいぞー、我が娘!!

「おすしドリル」はもじ・かず・ちえの力が総合的につくように構成された学研の教材。お寿司が好きで好きでたまらない我が子はこちらもガブリ!予想通りの手応えだ。

本屋をでてすぐ、2人でお茶をしたときも、しきりに算数脳めいろがしたい、寝る前もしたい、とのリクエストあり。ほどほどにさせて明日またやろうね、で打ち切った。

なんか期待がもてるわー。どちらの教材もシリーズものなので、興味が長続きしそうだったら、科目の横展開をしてみよう。

期待で胸躍る、父親であった。

カテゴリー
教育

人生ゲーム

3月6日(金)晴れ

先日注文していたタカラトミーの人生ゲームが昨日我が家に到着。

家族4人でさっそく早速1回戦をやってみた。

結果、パパ1位、ママ2位、娘たちが3位と4位。各ルールの意味がわかっている親が当然今の段階では有利だ。

このゲーム、やってみてわかったが、かなり子供たちの教育に役立つ。

まずお金の計算。このゲームでしっかり銀行役をこなせればたいしたものだ。ひっきりなしにお金のやり取りが発生する。

うちの子供たちは、お小遣い制にして以来、お金の計算をやりたがるのでちょうどよい。桁数やドル(貨幣)といったものへの理解が進んでくれるとうれしい。また、債権という概念が入っているのも良い。

つぎに、保険の考え方。子供にとっては、保険がどういうものか、概念理解をするのは少しハードルが高いかもしれないが、万が一のために、という理解で十分。将来のために必ず役に立つ。

それから、職業観。ちょっと大げさだが、ビジネスマンでいくのか、手に職系で行くのか、早めにジャッジすることが求められる。ビジネスマン系は低リスク中リターンの設定になっているのだが、これからの時代はそうもいかなくなることも、親たちが話すいい機会になるかも。

あと、準備と片付け。とにかく備品が一杯。多少なくなっても差し支えないが、ちゃんと毎回管理することができれば、それだけで素晴らしい。

最後に時間管理か。1回戦を大至急で回すだけで1時間を要した。慣れてくると多少早くなってくるかも知れないが、時間を確保してから、ゲームにのぞむ的な感じになってくるが理想だ。

いずれにせよ、家族でボードゲームをやるのは楽しい。いつまで娘たちが付き合ってくれるのはわからないが、今を楽しもう。

 

カテゴリー
健康

国会図書館も臨時休館

3月5日(木)晴れ

いつものように図書館前までいって、ふと入り口をみるとなにやら中がいつもよりも暗い。あれっ?と思った瞬間に、うしろから警備員さんの声、

警備員:「図書館をご利用ですか?」

すー:「ええ。そうですが。。。」

警備員:「昨日から臨時休館になっていますよ」

すー:「えっ、そ、そうなんですか。。。(ガクッ)」

まあ、当然といえば当然だが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、15日まで臨時休館、とのこと。

ちなみに、千代田区が管轄している図書館も、15日まで、サービスを一部休止、また、イベントなどの事業は延期または中止。

これは、16日以降も現状を継続するのか、サービスを再開するのか、これまたかなり悩ましい決断が、近々それぞれのDecision Makerには迫られる。

どっちに舵をきっても批判は免れないが、今対応の最優優先事項が「感染症の拡大防止」であることを考えると、よりコンサバなスタンスが求められるので、恐らく、春先まで現状継続という決断に落ち着くような気がする。

いずれにせよ、来週末の判断、その決定の告知方法に注目だ。

 

カテゴリー
出来事

カフェ・ベローチェのルビーチョコレートがうますぎる件

3月4日(水)雨のち晴れ

今日は終日、上の娘と一緒。

娘のリクエストでベローチェでお茶をしたのだが、そこでいただいた、ルビーチョコレートラテとマゼリーのうまさにちょっとびっくりした。

特にラテについてくる小粒のチョコレートはすごい。店頭にでているメニュー写真があまりにも魅力的だったのでオーダーしてみたのだが、これが大正解。

少し酸味のあるベリーのような味が甘めのラテと抜群に合う。なんだこれは。。。ということで調べてみたら、ルビーチョコレートって、結構注目されてんのね。知らなかった、ルビーさんすいません。

下記はルビーチョコレートについてのWikiからの引用。

ブラック⇒ミルク⇒ホワイトに続く、第4のチョコレートって、なるほど。そう定着するポテンシャルは十分にある。

ルビーチョコレートは、ルビーカカオを原料とするピンク色チョコレートである[1]

スイスに本拠を置き、チョコレートの製造・販売を行うバリーカレボーによって10年以上の年月をかけて開発され、2017年9月に発表された[2][3]。日本では2018年1月に消費者向けの製品が発売されている[1]

原料となるルビーカカオは、特定の種類や原産国のカカオではなく、特有の色と味わいの元となる天然の前駆体を含有するカカオであり[1]、バリーカレボー独自のノウハウで選別される[3]。ルビーカカオから製造されるルビーチョコレートは、色はピンク色[1][2]又はルビー色[3]と形容され、味にはベリーのような酸味があることが特徴である[2][3]一方、従来の他の種類のチョコレートが持つカカオの風味は殆どない[4]。ブラックチョコレート(ダークチョコレート、ビターチョコレート)、ミルクチョコレートホワイトチョコレートに次ぐ4種類目のチョコレートであることから、「第4のチョコレート」とも呼ばれる[1]

バリーカレボーの日本法人であるバリーカレボージャパン株式会社2019年2月インターネットを通じて行った調査によれば、ルビーチョコレートを知っていると回答したのは42%で、食べたことがあると回答したのは5%であった[5]

 

カテゴリー
ビジネス

会計事務所での話

3月3日(月)雨

先月設立した新法人には、まだ顧問契約をしている会計事務所はない。事業に集中するためにも、早く決めた方がよいと考え、本日、候補の一つである事務所にお邪魔してきた。

約1時間話しをしてきたのだが、いくつかのポイントがとても印象に残った。

1.税理士の平均年齢は60歳超

想像よりかなりお高くて驚いたが、調べてみると確かにその通り。

理由は主に2つあり、1つ目は税務署OBの存在。税務署に23年以上勤務し、指定研修を修了することで税理士になれるだが、定年まで勤めた後に独立する人が多いらしい。

2つ目は税理士が科目合格制であるということ。合格に必要な5科目を、毎年数科目ずつチャレンジしていく。平均すると7年ほどかかるようだ。

ちなみに、この事務所の代表も、スタッフさんも若い。

2.(業界として、一般的に)顧客からの問い合わせレスが早くない。

3.(業界として、一般的に)料金体系が不明瞭で、追加料金がよく発生する。

2と3については、裏をとったわけではないのでなんとも言えないが、問合せにはナルハヤ回答がベターだし、料金も明瞭であることが一番だ。というか、ナルハヤ回答+明瞭会計でない業界がまだあるんだ。。。

2については、いろんな会計事務所とつきあってみてはじめてわかるので、事務所選びの判断基準にはならないが、3についてはウェブサイトに載っているのことも多いので、しっかり調査しようと思う。

いきなり追加料金が発生するのはマジ勘弁。周りにも、何度も事務所を変更している人がいるのは、こういうのでトラブルになったりしてるのかも。今度突っ込んで話しをきいてみよう。

 

カテゴリー
出来事

都会の惨劇

昨日、見てはいけないものをみてしまった。しかも、小さな娘2人と。。。。

昨日は日曜日。家族で日比谷公園で遊んだ後、妻はヨガへ、私と娘2人はちょっと買い物をするため銀座へ向かった。

買い物は終わったが、帰りのバスが到着するまで時間があったので、バス停の近くの小さな公園(泰明小学校の遊具が一部開放されている)に行き、色鬼(いろおに)ごっとをしてキャーキャーと遊んでいた。

周囲は、都会のど真ん中と思えないほど静かで、夕暮れ前のゆったりとした、穏やかな時間が流れていた。

と、そのとき、

我々の近くで佇んでいた一羽の鳩を大きなカラスが急襲、あっという間に鳩を捕まえ、校舎の2階部分へと連れ去ってしまった。

鳩も最初はバタバタと激しく抵抗していたが、カラスが何度かつつくと、すぐに動かなくなってしまった。

その後は、そばにいた、おそらくつがいであろうカラスと一緒になって、鳩の肉をついばみ喰らい始めた。

見ていると、鳩の羽がどんどんむしり取られて、周囲に羽が散乱している様子はホラーそのものだった。だんだんと鳩の身体自体が食べられて小さくなっていく。また、肉も引き裂かれてぐちゃぐちゃになっている。

こんな光景は大人の私でもオエッと不快な気持ちになるのに、小さな娘たちにとっては、もっと重く、ちょっとしたトラウマになってしまうのでは。。。と、恐る恐る二人の顔を覗き込んだ。。。

すると、

「鳩食べられちゃったね」
「カラス強っ」

とあっけらかんの様子。

「ママにも報告しなくちゃね。あとで劇しようね」

とのこと。

帰宅後に、妻が観客、娘2人はカラス役、私は鳩役で、5回ほど寸劇を演じさせられた。

「ガブッ」「たべちゃうぞー」

だって。

大人が思うより、子供たちはよっぽど強し、なんか感性が豊か。すばらしい!

 

カテゴリー
健康

3月からの健康ルールその2=運動

今回は運動ルールだ。過去2ヶ月間は、一日8000歩を歩くことにこだわり達成してきた。果たして、今後これでOKなのか、改めて調べてみた。

結論としては、ルールを変更。一日10000歩とする

根拠については以下のサイトがよくまとまっている。

https://www.kyowakirin.co.jp/kayumi/kansen/sora/exercise/17spring/column01.html

重要なところを引用すると、

そもそも「1日1万歩」説はどこからきた?

厚生労働省の「健康日本21」参考1)では、身体活動量増加のための手段として「歩数の増加」をあげており、「1日1万歩」が理想とされています。「1日1万歩」の根拠としては、身体活動量と死亡率との関連を調査した研究結果 参考2)から、1週間に約2,000kcal(1日約300kcal)以上のエネルギー消費に相当する身体活動が推奨されており、普通のペースで約1,000歩あるいた場合(約10分)の消費カロリーが、おおよそ30kcalとなるので、1日300kcal消費するのに必要な歩数は約1万歩(約1時間40分)となります。”

最近の研究から75歳以上は“1日8千歩・早歩き20分”説も

群馬県中之条町に住む65歳以上の住人約5,000人を対象に、身体活動と病気の関係を15年以上にわたり調査した研究参考4)によると、75歳以上の場合は、1日8千歩・早歩き20分(1年間の1日平均歩数が8千歩、うち早歩きなど少し強度の高い運動が20分)、75歳未満の場合は1日1万歩・早歩き30分でメタボの予防に効果が期待できるとしています。ただし、この値は1年間の平均です。疲労が溜まっているときや悪天候の時などは無理せず、長いスパンで目標達成を目指しましょう。”

達成可能性について、過去の実績から検討する。

1月歩数:265065歩=8550歩/日
2月歩数:274219歩=9456歩/日

まあなんとかなるでしょ。

「1週間単位で70000歩」になるうに調整を図りながら進めていこう。

昨日まとめた飲酒ルールと合わせて、健康ルールと称する。

カテゴリー
健康

今日(3月1日)からの健康ルールその1=食事

3月1日(日)晴れ

とうとう3月に突入。春もすぐそこまできている。この1ヶ月で新型コロナウイルスが収束すれば、東京は無理でも東北・北海道で花見は楽しめるかも。

本日から、決めたら即実施の、行動ルールを整理していく。自分のため、妻のため、子供たちのために、まずは健康関連から。その中でもまずは食事。特に気になっている飲酒について。

ルール1)アルコール摂取量は一日14g(ビール換算で350ml)まで

現状)ほぼ毎日飲酒し、飲酒量はばらばら。350ml一本のときもあるし、500mlを3本くらい飲むときもある。飲み会だとかなりの量(正確におぼえていない)を飲んでしまう。

国が推奨するアルコール摂取量は「一日20g程度」とある。以下は、厚労省サイトからの引用。

”厚生労働省は「健康日本21」の中で「節度ある適度な飲酒」を以下のように定義しています。このガイドラインは数値を明確に示した点では画期的といえるものす。

「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20g程度である。」

飲酒量の単位」の項でも説明していますが、20gとは大体「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チュウハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当します。この数値は日本人や欧米人を対象にした大規模な疫学研究から、アルコール消費量と総死亡率の関係を検討し、それを根拠に割り出されたものです。その具体的な内容については「飲酒とJカーブ」を参照してください。”
”ttps://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

「飲酒とJカーブ」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

上記の「飲酒とJカーブ」に掲載されている複数のグラフをよく見ると、ベストなアルコール量は、20gよりも少し少ない15g程度(ビール換算で350ml)のようだ。

ルール2)土日は休肝日とする

こちらも根拠は厚労省サイトから。

”週に2日は休肝日
週に2日は肝臓をアルコールから開放してやりましょう。そうすることで依存も予防できます。”
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

こちらはあまり詳しい説明はないが、まあよしとしよう。とりあえずこれでGOとする。