カテゴリー
教育

子供の精読力を伸ばす方法

7月1日(水)

コロナの影響で、娘たちの学習を家で見るようになって気づいたことの1つが、精読力が少し欠けているということ。2人の娘共に本が好きでよく読んでいるが、とにかく早い。特に小2の上のお姉ちゃんはあっという間に読みきっている。

先日のパティシエスバルの本をメルカリで購入したのだが、家に到着した日にすでに読み終えていた。ただ、しっかり味わっているのか少し疑問。

ということで、本当にちゃんと読めているのかなーと思っているところで、はなまるの高濱先生のありがたいYoutubeを発見。正に子供精読力とは何か?そして精読力を伸ばす方法、についての話であった。

精読力とは、文書をもれなく読み切る力。これは社会に出た際に大いに役にたつ力で、マニュアルや仕事の指示、契約書などをしっかりと読んだり聞いたりして、もれなく理解できることにつながる。

そんな精読力を育てる方法が、桜方式ゲームと音読打率ゲームの2つ。どちらも読むというより、傾聴や音読というアウトプットになることが素晴らしい点だ。

桜方式ゲームとは、例えば、親が本の一部を子供に読み聞かせをして、その内容についてのクイズを出す方法。寝る前にやると盛り上がりそう。

もう一つの音読打率ゲームは、子供に50行くらい音読させて、親が一言一句、正しく言えているかチェックするゲーム。宿題で音読がよく出るので、次はこちらも全力で聞いて見て、娘の実力をチェックしてみよう。

ここで大事なのは、雰囲気づくり。ガツガツ間違いを指摘するというより、あくまでもゲームなので、楽しく、でも真剣にやる、という一見矛盾するように感じる雰囲気づくりをどううまくするか。

とにかく今夜両方やって見て、より良い方法に調整して行こう。後日、結果を報告しますね。