カテゴリー
出来事

ATELIER CAFE@銀座

6月28日(日)

たまにはパンケーキ食べたいねー、と娘がいうので、昼食とおやつをかねて、銀座のBillsへ。

銀座に着くと、さっきまで降っていた雨もやんで、結構な人出になっていた。店に着くと、1時間くらいは待つとのこと。さすがはBills。大人気。

腹をすかした娘は1時間も持つはずなく、慌てて「銀座、パンケーキ」で検索。片っ端から電話して、たまたま入れそうなところということで訪れたのがココ「ATELIER CAFE」。アクセサリー販売で有名な貴和製作所の併設カフェである。

初めて来店したが、随分とテーブルが大きい。店員さんに聞くと、アクセサリー製作の出来るカフェとして好評なのだそうだ。そういえば、お客さんのほとんどは作業中。ペンダントを作ったり、?と思うものと作ったりしている。

向こうのほうでは、「はじめてのアクセサリー作り」というその名前の通り、初心者向け講座もやっているみたいだ。

この講座、7,000円くらいするそうだが、工具一式+アクセサリーx2個分+お茶代、さらに、何と言ってもアクセサリー作りの基礎の基礎を一通り教えてくれる。この講座が終わる頃には一人でアクセサリーを作ることができるようなるらしいので、これはなかなかのコスパだ。

そうこうしている間に注文したパンケーキx2が運ばれて来た。

生地が薄いものと厚いもの。どちらも、粉砂糖がたっぷり振りかけれれていて、お店のシンボルである鹿が描かれている。

アイスクリームとブルーベリー+ストロベリーのソースも大変美味しく、娘たちはあっという間にペロリと平らげてしまった。少し分けてもらったが、確かに美味しい。

ここでパンケーキを食べながら、趣味のアクセサリー作りをゆっくり楽しむなんて、なんか女子いいわ。時間の使い方が贅沢。うちの娘のそんな感じで日曜の昼下がりとか、銀座でお茶やるようになるのか。。

その後、東京駅の八重洲地下街、キャラクターストリートを経て帰宅。疲れたが充実した日曜だった。

カテゴリー
出来事

カジュアルフレンチ LIBERTE(リベルテ)@護国寺

6月27日(土)

我が家では毎年恒例となっている椿山荘でほたる鑑賞。今年はコロナの影響により中止が懸念されたが、入場者を絞って開催中とのことで早速やって来た。

なんとか入場チケットをゲットしたが、鑑賞前にはらが減ってはということで、ホテル近くでレンストランを探しているところで、偶然発見したお店、LIBERTE(リベルテ)。

椿山荘から目白駅方面へ、歩いて10分ほどの上品で落ちついた雰囲気の場所にあるが、この店はかなりカジュアル。うちの小さな騒がしい娘たちも快く歓迎してくれました。

お客さんは我が家を入れて3組。うち1組は優しそうな老父婦、もう1組は、中学生らしき男の子と女の子がいる4人家族。必然とお店は優しく、気取らない雰囲気が漂っている。

腹ペコの娘たちのために早速注文。ガーリックポテトx2で急場をしのいで、サラダ、肉料理、魚料理、パスタを一品ずつオーダー。メインにパンもついて来た。

各料理の名前はすっかり忘れてしまったが、特に肉料理はペッパーが効いたしっかりとした味付けで、期待以上に美味しかった!

最後は、締めとしてデザートを注文。娘たちはチョコレートケーキ、妻はプリン、私はレモンのアイスクリーム。それぞれをシェアして食べ比べて見たが、どれもこれもとても美味しかった。

来年も是非訪れて見たい。

カテゴリー
教育

小2の娘の英語学習(自宅)始めました!

お子さんがいらっしゃる家庭においては、子供の英語教育はとても関心の高いものだと思います。

将来、お子さんたちが世の中に出て行くときには、英語はできて当然の必須スキルの一つになっている可能性が高く、だからこそ、小さい頃から英語に触れさせて、しっかりとした下地を作っておきたいところですよね。

我が家では、以前よりベネッセのチャレンジタッチ というタブレット教材で、遊ぶように英語に触れさせてきました。2人の娘は毎日キャッキャッ言いながら取り組んでいるので、楽しみながらできていると思います。少なくとも勉強という認識はないようです。

さらに小2の娘は、3週間前から英単語の暗記にチャレンジ中です。平日は帰宅したら毎日20個暗記→土日に復習、このやり方で、今までで覚えた300単語をほぼ完璧に暗記できています(音声だけを聞いて意味を言える状態)。

今後もどんどん単語を暗記していくのと、音読もそろそろ開始しようかなと考え中です。

この本で紹介されている方法を忠実に実行しているだけなので、興味のある方はポチッして見てください。子ども学習がもう少し進んだから、その効果と合わせて、方法論のサマリーも紹介していきますね。

マンガでやさしくわかる 子供の英語 家庭学習法(廣津留真里 著)