カテゴリー
商品・サービス

ついにモバイルモニターを導入。結果、なぜもっと早く購入しなかったのか、激しく自己嫌悪!

コロナの影響により在宅勤務となっている方も多いと思う。我が家も同様で、妻ともども家で仕事の日々だ。

そんな中、少しでも仕事効率を上げるために、サブモニターを導入してみた。

サブモニターというと、オフィスにあるような固定式を想像される方も多いと思うが、この際、外出時においても、すぐにオフィス環境を再現できるようにと、持ち運び可能なモバイル液晶を買ってみた。

結論を言えば、「On-Lap 1305H」(GeChic)最高!である。

普段使っているのはVAIOのSX14。14インチ液晶にIntelのCore i5、LTEを搭載しているノートPCだ。最先端のカーボン素材を採用しているので、本体重量約1キロでとにかく軽い。大画面でありつつ、小型・軽量、且つ4G LTE常時接続なので、取り出してディスプレイを開けば、すぐにインターネットにアクセスして作業ができるすぐれものだ。

このVAIOだけでも仕事効率はなかなかだと思うが、On-Lap 1305Hを組み合わせれば、もう最強!その理由は3つある。

 

【ポイント1】A4サイズで薄くて軽い。持ち運びに超便利

A4サイズで、最薄部分7mm、最厚部分でもわずか9mm。本体重量は685gしかないので、外出時はもちろん、家の中でも好きなところにPCと一緒に持っていって仕事できる。持ち運びに全くストレスを感じない。

 

【ポイント2】PCとの接続簡単+ディスプレイの角度調整が自由自在

給電と映像出力を兼ねた二又のケーブル1本さえ持っていけばPCと接続可能なので、移動時にかさばらない+いざ仕事にとりかかるときに、最速で立ち上げられる。

さらに、このOn-lap 1305Hでは、付属のカバースタンドを調整することで、ディスプレイを縦置きでも、横置きでも使える。また、マグネットを調整することで、微妙な角度調整も可能だ。出先の椅子とテーブルの高さに合わせて、モニターを最適な形に調整できるのは、仕事効率アップ、そしてストレスレスな状態とするのに欠かせない。

 

【ポイント3】消費電力が少ないため、PCのバッテリー持ちが変わらない

On-lap 1305Hの電力は、PCのUSBポートから供給されるのだが、消費電力が少ないためPCのバッテリー持ちはほとんど変わらない。出先でどれだけPCバッテリーを長持ちさせられるかは、かなり重要なポイントだ。

 

最後に価格だが、これだけ便利なものが新品で2万円前半で買えてしまう(価格.com参照)。仕事の作業効率の差は、毎日少しずつ確実に積み上がっていくので、できるだけ早く投資したほうがよい。それにより、どれだけの時間を節約できるだろうか。。。