カテゴリー
教育

小学低学年、計算が楽しくなるゲーム

学校が休学して以来、5歳と7歳の娘に対して、午前中の各1時間ずつでパパ学校を開校している。

今日は、算数の基本的能力である足し算のレベルが遊びながらグングン伸びるゲームを紹介します。

必要なものはトランプだけ。

ルールも超簡単。

参加者は2名から。

まず、1~9までのカードだけを残し、しっかりシャッフルしたあと、参加者にすべて配る。

その後、各自の手札から3枚ずつを表にして、自分の前に並べてReady。この段階で、自分の手前に3枚、相手の手前に3枚ずつ並んでいる状態になる。

ここで勘の良い方はお気付きの通り、これはスピードの計算版。

「いっせいのーで」で、表にした3枚以外の裏返カードから、それぞれ一枚ずつ場にだして、合計10になるように、表にした3枚からスピード勝負でだしていく。

例えば、場に出たカードが「8」と「3」だったら、それぞれ2と7を出せばOK。これは複合技(複数枚の合わせ技)でもOKなので、「2」は2が一枚でも1が2枚でもOK。複合技で出せれば出せるほど、手札は減るので有利になる。

また、大人と子供では計算スピードがおそらく違うので、自分の前に並べる手札を、大人は2枚、子供は3枚といったように、丁度良い頃合いに調整して手加減しなくても楽しめるようにすると盛り上がる。

我が家の場合、5歳の娘とは、足して10になるルールで大人は2枚、子供は4枚で、丁度いい感じ。

一方、7歳の娘とは、足して10のみならず、足して5の倍数であればOKとしたので、足して「5」「10」「15」「20」「25」、複合技も合わせると、一ゲームでかなり頭をつかう。

実際やってみると、子供の食いつきはかなりのもので、今日も1時間くらいやったが、まだまだ「やりたいー!!!」」状態。大人が疲れてしまったので、明日も引き続きやります。

それにしても、子供の上達はすごい!どんどんパターンを覚えていって、Qが場に出てたらKをすぐだしてくると、K+5やK+2+3といった複合技も繰り出してくる。恐るべしだ。

まとめると、足して5や10の計算が一瞬でできるようになると今後の学習にかなりのプラス、それを勉強している感覚なく遊びで育てていけるのは、我ながらなかなかの方法だと思う。足して3とか引いていくつとか、しばらく娘と研究してみようと思う。

皆さんも是非お試しあれ!!

カテゴリー
教育

小学生のお子さんが都道府県名・県庁所在地名を覚えるのに苦労してませんか?

いずれは覚えないといけないけど、お子さん自身にまだ興味がない場合は難しいですよね。。。

でも、安心してください♫(安村風)

そんなときでも、子供が食いついて、あっという間に全部を覚えてしまう魔法のような教材がこの世にはあります。

我が家でも、小2の娘におもしろ本があるけど読んでみる?っと軽くジャブをうってみたら、夢中で読み始め、2日で全部の都道府県・県庁所在地を覚えてしまいました。

その魔法のような教材とは、

「1日10分で日本地図を覚える絵本」(対象:小1~小3)です。

タイトル通り、47都道府県それぞれが動物やモノの形のイラストになっていて、かたちで都道府県を覚えられるようになっています。例えば、「えいのかたちの北海道」「えびのかたちの青森県」といった具合です。

都道府県を一通り覚えたら、次は県庁所在地。都道府県名と都道府県庁所在地の名前が違うのは全部で19。こちらも絵をヒントにすぐ覚えてしまいます。

その後、「都道府県かるた」(=とにかくこれ!という都道府県の特色が1行でまとまっているかるた、別売もあり)でワイワイと一緒に遊び、地形や特産品については、どんどんクイズをだしてあげれば、まさにスポンジのごとく吸収していきます。

連休明けに学校が再開されるまで、クイズを出しまくって小さな日本地理博士になってもらおうと思います。

 

 

 

カテゴリー
商品・サービス

ついにモバイルモニターを導入。結果、なぜもっと早く購入しなかったのか、激しく自己嫌悪!

コロナの影響により在宅勤務となっている方も多いと思う。我が家も同様で、妻ともども家で仕事の日々だ。

そんな中、少しでも仕事効率を上げるために、サブモニターを導入してみた。

サブモニターというと、オフィスにあるような固定式を想像される方も多いと思うが、この際、外出時においても、すぐにオフィス環境を再現できるようにと、持ち運び可能なモバイル液晶を買ってみた。

結論を言えば、「On-Lap 1305H」(GeChic)最高!である。

普段使っているのはVAIOのSX14。14インチ液晶にIntelのCore i5、LTEを搭載しているノートPCだ。最先端のカーボン素材を採用しているので、本体重量約1キロでとにかく軽い。大画面でありつつ、小型・軽量、且つ4G LTE常時接続なので、取り出してディスプレイを開けば、すぐにインターネットにアクセスして作業ができるすぐれものだ。

このVAIOだけでも仕事効率はなかなかだと思うが、On-Lap 1305Hを組み合わせれば、もう最強!その理由は3つある。

 

【ポイント1】A4サイズで薄くて軽い。持ち運びに超便利

A4サイズで、最薄部分7mm、最厚部分でもわずか9mm。本体重量は685gしかないので、外出時はもちろん、家の中でも好きなところにPCと一緒に持っていって仕事できる。持ち運びに全くストレスを感じない。

 

【ポイント2】PCとの接続簡単+ディスプレイの角度調整が自由自在

給電と映像出力を兼ねた二又のケーブル1本さえ持っていけばPCと接続可能なので、移動時にかさばらない+いざ仕事にとりかかるときに、最速で立ち上げられる。

さらに、このOn-lap 1305Hでは、付属のカバースタンドを調整することで、ディスプレイを縦置きでも、横置きでも使える。また、マグネットを調整することで、微妙な角度調整も可能だ。出先の椅子とテーブルの高さに合わせて、モニターを最適な形に調整できるのは、仕事効率アップ、そしてストレスレスな状態とするのに欠かせない。

 

【ポイント3】消費電力が少ないため、PCのバッテリー持ちが変わらない

On-lap 1305Hの電力は、PCのUSBポートから供給されるのだが、消費電力が少ないためPCのバッテリー持ちはほとんど変わらない。出先でどれだけPCバッテリーを長持ちさせられるかは、かなり重要なポイントだ。

 

最後に価格だが、これだけ便利なものが新品で2万円前半で買えてしまう(価格.com参照)。仕事の作業効率の差は、毎日少しずつ確実に積み上がっていくので、できるだけ早く投資したほうがよい。それにより、どれだけの時間を節約できるだろうか。。。