カテゴリー
出来事

カフェ・ベローチェのルビーチョコレートがうますぎる件

3月4日(水)雨のち晴れ

今日は終日、上の娘と一緒。

娘のリクエストでベローチェでお茶をしたのだが、そこでいただいた、ルビーチョコレートラテとマゼリーのうまさにちょっとびっくりした。

特にラテについてくる小粒のチョコレートはすごい。店頭にでているメニュー写真があまりにも魅力的だったのでオーダーしてみたのだが、これが大正解。

少し酸味のあるベリーのような味が甘めのラテと抜群に合う。なんだこれは。。。ということで調べてみたら、ルビーチョコレートって、結構注目されてんのね。知らなかった、ルビーさんすいません。

下記はルビーチョコレートについてのWikiからの引用。

ブラック⇒ミルク⇒ホワイトに続く、第4のチョコレートって、なるほど。そう定着するポテンシャルは十分にある。

ルビーチョコレートは、ルビーカカオを原料とするピンク色チョコレートである[1]

スイスに本拠を置き、チョコレートの製造・販売を行うバリーカレボーによって10年以上の年月をかけて開発され、2017年9月に発表された[2][3]。日本では2018年1月に消費者向けの製品が発売されている[1]

原料となるルビーカカオは、特定の種類や原産国のカカオではなく、特有の色と味わいの元となる天然の前駆体を含有するカカオであり[1]、バリーカレボー独自のノウハウで選別される[3]。ルビーカカオから製造されるルビーチョコレートは、色はピンク色[1][2]又はルビー色[3]と形容され、味にはベリーのような酸味があることが特徴である[2][3]一方、従来の他の種類のチョコレートが持つカカオの風味は殆どない[4]。ブラックチョコレート(ダークチョコレート、ビターチョコレート)、ミルクチョコレートホワイトチョコレートに次ぐ4種類目のチョコレートであることから、「第4のチョコレート」とも呼ばれる[1]

バリーカレボーの日本法人であるバリーカレボージャパン株式会社2019年2月インターネットを通じて行った調査によれば、ルビーチョコレートを知っていると回答したのは42%で、食べたことがあると回答したのは5%であった[5]