カテゴリー
教育

子供にゲームを買い与えるべきか

なかなか難しいテーマなだけに議論が別れるところだと思いう。ゲームをすることについては、メリット・デメリット両方あるので、親の個人的な価値観が大きな影響を与えるかもしれない。

我が家の場合は、家の中ではNOだが、外出時にはOKというバランス型にしている。そのように決めているのは、やはり私と妻のゲームに対する価値観によるところが大きい

私は人生で2度、大きくゲームにハマっていた時期がある。

1度目は小学3~4年生の頃で、ちょうどファミコンが発売された時期でもあり、年単位でどっぷりと浸かっていた。

親に買ってもらったゼビウスとかマッピーとか、ロードランナーとか。家でも友達の家でもよくやった。ドラクエも、当時は復活の呪文を紙に書き写さないといけなかったのだが、写し間違え復活できない。。。とほほ(泣)、という経験もよくしたものだ。

2度目にゲームにハマったのは大学時代。中学や高校では一旦ゲームから離れたが、大学になって暇ができてからは、友人でフォーメーションサッカー大会を夜な夜なやったのを覚えている。こちらも年単位でハマっていた。

ただ、このようにゲームに一時期にどっぷりとハマり、集中的にやったことで、何かを得たり、人生が前進したりしたのかといえば、全く無い。0だと思う。

要は、ゲームをしていた時間は人生の消費でしかなかった、と大学生になってようやく気づいたのだ。これが今も続く、私のゲームに対する個人的な価値観である。

妻もよく似た経験をしていたため、我が家では子供にゲームは買い与えない、ことになった。

ただし、外ではOKというバランス型にしたのは、現代社会を生きる子供として、ゲームを全く知らない、やったこともない、というのは極端であり、そのことがネガティブに働くと考えたからだ。

だから、ゲームセンターは月1回OK、外出で電車に乗る際は、スマホでゲームアプリで遊んでOK、ということにした。我が家に自家用車はないので、外出は基本地下鉄。なのでゲームアプリはよくすることになるが、車内で静かにしていられるし、下車する際には、ゲームの途中でもビタッとやめられるようになったので、いい面もあると思う。

ここからは、ちょっと一般論だが、子供がゲームをすることのメリットとデメリットを挙げてみたい。専門家ではないので、あくまでも持論である。

■メリット

・考える力が向上する・・・ゲームをクリアするためには、法則なり、パターンなり、道筋なりを理解しないといけない

・集中力が向上する・・・特にシューティングゲームでは、ミスは命取り

・コミュニケーションや社会性が向上する・・・ゲームに関する話題で友達と会話したり、共感を育むことがあるかもしれない。

■一方で、デメリットとしては、

・視力が低下する

・体力が低下する・・・ゲームをやっている時間を仮に外で過ごしているとしたら。

・ゲーム依存に陥るリスクが向上する

他にもたくさんあるだろうが、げーむについては、メリット、デメリットは双方間違いなく存在する。

あとは、親としての個人的な価値観でルールを決めれば良いと思う。