カテゴリー
教育

子供に対するお金教育(1)

お金に関して、どのように子供に教育すべきか、悩んでいる方は多いと思う。学校では教えてくれないけど、子供の将来にとってはとても大切。

わかってはいるけれど、親である自分自身も、お金についての教育を受けてきたわけではないので、教えるための適切な方法論がわからない。

わかる、わかる。うちも全く一緒!

今思えば、いつも繰り返されていたのは、どこかに行く度に、子供が「あれ買って」「これ買って~お願い!」とせがんでくる光景。それに対して、「今回は○○円までだよ」とか「○個(回)だけ」とか、自分も場当たり的な対応をとってしてしまっていた。

こんなのは、親にとっても子供とってもいいわけがない。場当たり=気分で対応が変わる、ので、子供はだんだんとお願い色を全面にだしてくる。「一生のお願い!」「今回だけ!」。。。。

そんな次元から抜け出して、お小遣いについての明確なルールを設定して、適切に運用できれば、親も子もハッピーになれるはず!

そこで、どういう方法があるか、本やネットを徹底して調査をしてみた。

結論としては、「こどもにおこづかいをあげよう」By藍ひろこ(著)西村隆男(監修)という本が、我が家のルールづくりにとって、超参考になった。

この本、お小遣いシステムのやり方も秀逸だが、本の一部がマンガになっていることも大きなポイント。運用ががあやふやになってくる度に、親と子供で一緒に読み返すことで、徐々に運用精度があがってくるのだ。