カテゴリー
物販

メルカリでの売買経験まとめ

インターネットでの売買に慣れるために、メルカリを始めて約1ヶ月半が経つ。

この間に売却した不用品は合計19点。購入したのは3点。

最初はおっかなビックリでスタートしたことを覚えているが、3から4回、同じような取引を繰り返すと、自分でも驚くほど慣れてくる。

私が、最初にメルカリで出品したのは本だったが、出品するのも、梱包するのもかなり時間がかかった。下記にポイントをまとめてみる。

<出品>

バーコード読み取りが簡単でいい。バーコードがなければ文字入力で検索するのみ。販売価格はAIが提案しているものをそのまま採用するとして、自分が設定した利益条件にあっていれば出品、そうでなければ出品を見送る。

写真はあまりこだわらなくてよいが、全体が映るようにすること。一部が写っていないと故意に隠していると誤解される。

商品紹介もあまりこだわなくてよい。ただ、子供用のおもちゃや絵本については、”喫煙者やペットのいない環境で使用・保存していたので匂いはないこと”を記載しておくと、アピールポイントになる。

商品の状態は、少しコンサバ目で。客観的に判断して、購入者に不快な思いをさせないことが大切だ。

売値は、基本AIの提案価格とする。どうしても短期で販売したい場合以外は、ゆったりと構えておけばOK。むやみに利益を吐き出す必要はない。

<梱包と配送>

配送の方法を考慮して梱包する。配送の方法は以下の7択。同じサイズだったら、ゆうゆうメルカリ便のほうがお得。

ゆうゆうメルカリ便(郵便局、ローソン)

*A4=ゆうパケット=175円
*ゆうパケットプラス(専用BOX65円)=375円
*ゆうパック3辺合計60~100センチ)=700円~

らくらくメルカリ便(ヤマト運輸、ファミマ、セブンイレブン、Pudo)※お金がかかるが集荷もしてくれる

*A4=ネコポス=195円
*宅急便コンパクト(専用BOX70円)=380円
*宅急便(3辺合計60~160センチ)=700円~
*大型(200~450センチ)=4320円~

梱包にかかる時間は、A4の場合、今だったら1分。ただ、はじめのころは10分くらいかかったと思う。

その理由は、どれくらいしっかり、また丁寧に梱包すれば、購入者からクレームがこないのか、よくわからなかったからだ。

結論から言えば、梱包にそんなに神経質にならなくてOK。商品が配送中に破損しないように、適度に梱包すればクレームになることはない。

あと、配送方法については、わからなければ店員に聞けば、親切丁寧に教えてくれる。私も最初に郵便局で発送したとき、ヤマトで発送したとき、ローソンでしたとき、いずれも店員さんにサポートしてもらった。

それぞれで少しずつやり方が違うので、わからなくて当然だし、知らないのは恥ずかしいことはない。配送方法を選択したら、梱包して、とりえあずお店に行こう。

最後に、売却・購入の合計22点を経て、ネットで売買することに少しは慣れたと思う。これを作った人すげー!!!