カテゴリー
教育

新型コロナウイルス感染拡大防止のために学校を休校にすることについて

2月29日(土)晴れ

うちの小学校の娘も、昨日大きな荷物と一緒に帰宅。本当に今日から春休みがあけるまで休校とのこと。

学校が突如休みになるなんて、これまで経験したことがないので、正直戸惑いはある。うちも共働きだし。。。しかし、私はこれは安倍さんの英断だととらえている。

巷で議論されているように、この決定にはいろんな副作用がある。

職業上、当然休めない親もいるだろうし、且つワンオペの人もいる。小中高は休校だけどなぜ保育園や学童はOKなのか。今回の決定は遅すぎる、また、突然すぎて学校や企業の対応が追いついていない。そもそも中国人の訪日を制限していないのに。。。などなど。

ただ、今回の決定は、将来ある子供たちへの「感染拡大を防止する」ことが第一義にあり、その点においては、休校しないよりもするほうが絶対に良いのは確実だ。

コロナウイルス発生源の武漢では、厳戒令がまだ敷かれていて、市民たちはいまだに家の中で巣ごもり状態にある。しかし、罹患者数のピークは過ぎて、徐々に収束しつつあるといわれている。つまり、感染拡大を防止するために、不要な外出を制限し、学校という集団感染しやすい場を閉鎖する政策は有効なのだ。

ここは、今回の政府の決定が適切と考えて、みんなが、子供たちへの感染防止を最優先事項として認識し、協力してことに当たるのが望ましい。

ウイルス感染は、気温と湿度が上昇してくる春頃にはピークを過ぎているのが一般的なので、我慢すべき期間はこの1ヶ月程度だ。また、これを期に、在宅や遠隔勤務の普及や、通勤方法もいい方向へ変化してくるという副次的メリットも考えられる。

我が家も、この1ヶ月に渡る休校を、いつもはできないことをするチャンスととらえて、できるだけポジティブに過ごしたいと思う。上の娘は手始めに、「世界中の国名を覚える!」らしい。ホント頼もしい。

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(4)

(前回からの続き)久しぶりの海を大満喫し、三浦海岸駅へと戻った。駅前の露天では、名物「とろマン」(おいしかった)とか、卵焼きを楽しみ、お土産にはいちごx2パックを購入して、いよいよ岐路についた。

帰りの電車は、指定席をとっているので安心安心。

今回始めてウイニングシートなる、京急の座席指定サービスを使ってみたが、これはいい。

ウイングシートは土日休を対象とした京急独自のサービスだ。一方で、平日のみを対象としたモーニング・ウイング号やイブニング・ウイング号といったサービスもある。

ウイングシートは、子連れでゆったりと旅行を楽しみたい派には超おすすめ。チケット当たり300円というのもお手軽でいい。サービスの利用は窓口でも、Webサイトに登録する必要はあるが、事前予約もできる。

乗車の際には、予約時に配信されるQRコードを車掌さんに読んでもらえばOK。超簡単。うちは4人家族なので、Boxシートを予約して、楽勝で帰ることができた。

ただ、快適すぎたのか、娘たちは爆睡。。。結局、下の娘は最後まで起きず、抱っこして家まで帰ることになった。。。うーん。腰が痛い。。昔は2人同時にだっこしてたことを考えると、随分大きくなったわ。。

腰は痛くなったけど、こういうことができるのも、娘が小さいうちだけなんだと思う。

あと5年たったら、抱っこしてあげると言っても、「イヤ」「きもい」なんて言われてしまうんだろうな。。。むしろこっちが介護で抱っこして、か。

あかんあかん、今を思いっきり楽しもう!すーさん。

 

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(3)

(前回の続き)三笠公園をほどほどに、下の娘も完全復活したので、今度こそは三浦海岸へ。横須賀中央駅にもどって京急線に乗車、20分ほどでとうとう三浦海岸駅へ到着した。

駅の改札をでると、そこには念願の河津桜が。。おーすごいっ。

ちょっと葉桜になっているけど、それでもきれいきれい。露天もいっぱいでていて、多くの人がお酒や食事を楽しんでいる。いいねー、これぞ花見の季節。

もっともっと桜を楽しむために、記念写真もそこそこに、お花見会場のある小松ヶ池公園へ。

公園までの1キロの道のりは、人でごった返していたけど、歩道脇にずっと続く桜並木と、傍らに咲いているたくさんの菜の花を十分に堪能できた。ほんと来てよかった。

さて、桜の次は、子どもたちのお楽しみの海岸へ。

駅名に”海岸”がついているだけに、三浦海岸駅から海は目と鼻の先の距離。駅から10分ほど歩いくとそこは素晴らしい海岸がまっていた。

おーい、まだ冷たいよー、気をつけろよー、なんて、娘たちは気にするわけもなく、一目散に海へ走っていくと、キャーキャーと、久しぶりの海を楽しんでいた。

それにしても、三浦海岸はいいところだ。砂浜はすこぶるきれいだし、海もきれい、遠くには房総半島も望める眺望もばっちり。東京からのアクセスは少し微妙なところがあるが、そこがまたなんともいい。

上さん的には、いつか海の見えるところに家を買って、都会との二重生活を楽しむのだそうだ。確かにそういう生活もわるくない。

 

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(2)

(前回からの続き)三崎口行きの電車内で、顔色が青くなった娘を抱きかかえて、横須賀中央駅に到着と同時に下車。

よかったよかった、間に合って。経験上、うちの娘(特に下の子)が気持ち悪くなったときは、できるだけ速やかに撤収するのがベスト。

今回は、もうちょっとで三浦海岸、あと10分我慢すれば、というところまできてたけど、深追いしていると、おそらく大変なことになっていたはず。。。というより、がんばった娘、えらいぞ!!

横須賀中央駅の改札をでると、そこには大きな地図が。どうやら歩いて15分くらいで海にいけるし、まー予定変更で横須賀で遊んでいくのもありかもー、ということでちょっと散策。

下の娘もだんだん元気になってきたので、いい感じの丼ぶり屋さんでおいしいマグロランチをいただき、せっかくなので近くの三笠公園へ。

この三笠公園。日露戦争で活躍し、世界三大記念艦の一つとされている貴重な「三笠」が保存されている。なかなか横須賀にも来れないから、艦の中にでも入って。。。。。という間もなく、娘たちは遊具へ超ダッシュ。

やっぱりまだ、5歳と7歳。戦艦より、滑り台と雲梯だわ。夢中になって遊んでる娘を眺めながら上さんと、まだ子供だねーなんて言ってるのも悪くない。

カテゴリー
旅行

三浦海岸へ日帰り旅行(1)

2月25日(月)晴れ

昨夜のテレビニュースで河津桜が満開を迎えたとの話があったため、今日は家族4人で三浦海岸へ河津桜を見に行くことに。個人的に、密かに楽しみにしていたのでかなりうれしい。

河津桜は、ソメイヨシノよりも開花が早く、例年2月中旬から3月上旬にかけてが見頃となる。去年はスケジュールが合わず断念したこともあり、今年は行けてよかった。上さんも娘二人も、なんやかやと日々忙しそうだ。

出かける前に、まずはアクセスを調査。自宅の半蔵門から京急の三浦海岸まで、いかにスムーズに行くことができるのか、いろいろ調べてみた。

結論としては、半蔵門駅から、九段下で東西線に乗り換え、それから日本橋で2回目の乗り換えをして行くことに決定。他にもいろいろと経路はあるけど、これがどうやら最短のようだ。浅草線と京急は相互乗り入れなので乗り換えはなし。

帰りは混雑が予想されるので、念の為座席指定をしておき、いざ出発!

自宅を10時にでて、乗り換えもスムーズ、娘たちも車内でおとなしく私の携帯でゲームをやったり、本を読んだりして過ごしている。いいぞ、娘たち!

と、ここまではよかったが、横浜を過ぎたあたりから、下の娘の様子が変。
あれあれ、どうした、どうした5歳さん。乗る前は超元気だったのに。。。

大丈夫?水いる?の声に、「。。。大丈夫。。。」と弱々しい声。

これはあかーん、と上さんと相談して、横須賀中央駅で飛び降りることに。(続く)

カテゴリー
教育

代々木公園で自転車練習(2)

(前回の続き)代々木公園についた娘は、練習場に一目散。すぐにチケットを購入し、スタッフからヘルメットと自転車を割り当ててもらった。

「お父ちゃん行ってくるー」

こっちはまだ用意できていないのに、娘は早速出発。コースは1週3キロの周遊コースになっているので、親としても安心だ。

「がんばってねー、気をつけて」

娘はペダルを踏み込んで、颯爽とコースへ。もう何度も来ているので、余計な不安も心配もなく、自転車の練習に集中できるのがいい。

娘が半周回ってきたところで、こちらはショートカットして合流。娘の後ろについていった。

この周遊コースは平坦一辺倒ではなく、最後の方に大きな下りカーブがある。小さいころは、ここで何度もコースアウトして、コース脇の草むらに突っ込んでいったものだ。

その度に大泣きしていたが、不思議と「もういや」「もう来たくない」、とは言ったことがない。だんだんと乗れるようになってくると、乗れることの面白さが、多少の怪我や怖さをすぐに凌駕してしまう。子供ってすごいなー。

なんてことを、娘の後ろ姿をみながら、しみじみと考えていた。

代々木公園・サイクリングセンターのリンクhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities039.html

 

 

カテゴリー
教育

代々木公園で自転車練習(1)

2月23日(日・祝)天皇誕生日・晴れ

今日は下の娘の友達が浜松から遊びにきているため、久しぶりに上の娘と2人だけで外出。娘の希望もあり、代々木公園へ自転車の練習をしに行った。

自転車の練習場がある公園は都内にいくつかあるが、中でも代々木公園はかなりのおすすめ。

補助輪ありの専用コース、補助輪なしの専用コースが別々に、贅沢なスペースをもって設けられていて、そのコースもアスファルトだらけの殺風景なものではなく、緑豊かな中で楽しめるようになっている。

娘は2人とも、まったくの0からここでお世話になり、今では補助輪なしで、自由自在に自転車になることができるようになっている。

自転車の練習というと、うまく上達しないことにイライラして、

・子供:「もういやだー」「えーん(泣)」

・親:「何度いったらわかるんじゃー」「ペダルこいで、スピードつけないと止まっちゃうよ!」「あきらめんな!!」

とエキサイトしている親子を想像させるが、ここ代々木公園では、素晴らしい環境がそうさせるのか、みんな比較的伸び伸び且つおだやかに練習しているという印象だ。

上の娘は2年ほど前にはもう補助輪は卒業したが、いまでもここに来たがるのは、楽しいイメージが焼き付いているのかもしれない。もちろん、家に子供用の自転車をもっていない、というの大きな理由だが。。。(続く)

 

 

カテゴリー
教育

子供にゲームを買い与えるべきか

なかなか難しいテーマなだけに議論が別れるところだと思いう。ゲームをすることについては、メリット・デメリット両方あるので、親の個人的な価値観が大きな影響を与えるかもしれない。

我が家の場合は、家の中ではNOだが、外出時にはOKというバランス型にしている。そのように決めているのは、やはり私と妻のゲームに対する価値観によるところが大きい

私は人生で2度、大きくゲームにハマっていた時期がある。

1度目は小学3~4年生の頃で、ちょうどファミコンが発売された時期でもあり、年単位でどっぷりと浸かっていた。

親に買ってもらったゼビウスとかマッピーとか、ロードランナーとか。家でも友達の家でもよくやった。ドラクエも、当時は復活の呪文を紙に書き写さないといけなかったのだが、写し間違え復活できない。。。とほほ(泣)、という経験もよくしたものだ。

2度目にゲームにハマったのは大学時代。中学や高校では一旦ゲームから離れたが、大学になって暇ができてからは、友人でフォーメーションサッカー大会を夜な夜なやったのを覚えている。こちらも年単位でハマっていた。

ただ、このようにゲームに一時期にどっぷりとハマり、集中的にやったことで、何かを得たり、人生が前進したりしたのかといえば、全く無い。0だと思う。

要は、ゲームをしていた時間は人生の消費でしかなかった、と大学生になってようやく気づいたのだ。これが今も続く、私のゲームに対する個人的な価値観である。

妻もよく似た経験をしていたため、我が家では子供にゲームは買い与えない、ことになった。

ただし、外ではOKというバランス型にしたのは、現代社会を生きる子供として、ゲームを全く知らない、やったこともない、というのは極端であり、そのことがネガティブに働くと考えたからだ。

だから、ゲームセンターは月1回OK、外出で電車に乗る際は、スマホでゲームアプリで遊んでOK、ということにした。我が家に自家用車はないので、外出は基本地下鉄。なのでゲームアプリはよくすることになるが、車内で静かにしていられるし、下車する際には、ゲームの途中でもビタッとやめられるようになったので、いい面もあると思う。

ここからは、ちょっと一般論だが、子供がゲームをすることのメリットとデメリットを挙げてみたい。専門家ではないので、あくまでも持論である。

■メリット

・考える力が向上する・・・ゲームをクリアするためには、法則なり、パターンなり、道筋なりを理解しないといけない

・集中力が向上する・・・特にシューティングゲームでは、ミスは命取り

・コミュニケーションや社会性が向上する・・・ゲームに関する話題で友達と会話したり、共感を育むことがあるかもしれない。

■一方で、デメリットとしては、

・視力が低下する

・体力が低下する・・・ゲームをやっている時間を仮に外で過ごしているとしたら。

・ゲーム依存に陥るリスクが向上する

他にもたくさんあるだろうが、げーむについては、メリット、デメリットは双方間違いなく存在する。

あとは、親としての個人的な価値観でルールを決めれば良いと思う。

カテゴリー
教育

子供に対するお金教育(3)

先日ご紹介した、お小遣いシステムのポイントに加えて、今回は、運用上のコツを詳しく紹介する。

実際、我が家では、システム導入後、運用しながらいろいろとルールを加くことで、運用の精度は徐々に上がってきている。

<我が家の運用上のルール>

■「お仕事」に加えて、本来子供して「やるべきこと」を明確にしておく。一度「お仕事」を決めると、それ以外はしなくても小遣いがもらえると子供は考えがち。そうなると、本来やるべきことがないがしろになりがちになる。

我が家の「やるべきこと」は以下の通り。

・くもん
・学校の宿題
・明日の用意
・お風呂
・歯磨き

当たり前だが、きちんと明記しておくと、「もうやったの?(怒)」「はやくやりなさい!!」「何度言ったらわかるの!!!!!!」的なことを言わずに済む。

我が家は就寝時間を9時と決めているので、9時までに「やるべきこと」「お仕事」ができていなかった日は、ー100円と決めている。

子供はお小遣いを減らされたくないので、自発的に動き、9時までに頑張って終わらせている。えらい!

■ガチャガチャとゲームセンターは月1回

いくら「ほしいもの」でも、我が家はこちらを徹底している。ほしいからといって、ガチャガチャや、ゲームをすきなだけさせるのはよくない、と思う。ちなみにうちはゲーム機は買わない方針。

■家族会議時にお小遣い帳をつける。

特に、「ほしいもの」の箱に現時点でいくら残っているのか、親と子供の認識を合わせておくのは超重要。(親への)借金を認めると、このシステム自体、維持できなくなるので、今使えるお金をしっかりと把握して、消費はその中で抑えること。

■お小遣いを使うときは、子供が自分でレジに並び、支払う

自分のお金は自分で管理する。その気持ちが自然と身につくよう徹底している。

以上で、運用上のコツを詳細した。我が家も導入して間もないので、今後も継続的に改善して、子供たちが、適切にお金をコントロールできるよう導いていきたい。

 

カテゴリー
教育

子供に対するお金教育(2)

さて、先日の記事で紹介したお小遣いシステムについて、ポイントを紹介する。これは、我が家のバージョンであり、本オリジナルのものを少し変更している。

■週ベースでお小遣いをあげる。

■お小遣いの金額は年齢x100円。例えば、7歳であれば週700円=月2800円=年33,600円。

うわっ、多すぎ!と感じるかもしれないが、子供が、今すぐ好きなように使えるお金以外も入っている。

■もらったお小遣いは3つの箱に入れる。1.ほしいもの、2.必要なもの、3.いつか使うもの。それぞれの箱には少なくとも、毎回100円は入れる。

ほしいもの・・・なんでも使ってよし。制限なし。

必要なもの・・・学校で使う文房具類。

いつか使うもの・・・将来ほしいものができた時のために、今は使わずためておくお金。中学に上がるまでは使わない。

■週の決まった日時(我が家は日曜の夜)に「家族会議」を開催し、子供が「お仕事」をきちんと実行したかを、親と子供、双方でレビューする。

「お仕事」=家事。お小遣いは「お手伝い」ではなく、家族の一員として、「お仕事」を責任をもって実行したことに対する対価として支払う。何を「お仕事」とするのかは、親と子供、双方の確認のもと決める。

我が家の場合、7歳の娘のお仕事は5つ。

・食事の準備・・・箸やお皿をテーブルに出す
・玄関の靴(全員分)をきれいに並べる
・ベランダのお花に水をやる
・(自分の)洗濯物をたたむ
・(自分が)たたんだ洗濯物をたんすにしまう

5歳の娘のお仕事も5つ。

・冷蔵庫の水(ペットボトル)を補充する
・トイレットペーパーを補充する
・(自分の)洗濯物をたたむ
・(自分が)たたんだ洗濯物をたんすにしまう

■「お仕事」リストは、本のフォーマット(縦軸に業務、横軸に日付)をコピーして、毎週の家族会議時に、新たに作成する。つまり1週間分。

リストは子供に毎日チェックさせる。

家族会議で、1週間の状況をレビューするとともに、お仕事の内容も、より適切なものへ修正していく。

以上が、お小遣いシステムのポイントだが、よりよく運用するためには、もう少し工夫がいる。これについては別の記事に詳しく書くことにする。